天然ぶりの活用。
更なる安定供給、安定価格を
​目指して。

尾鷲市は、古くからぶり定置網漁が盛んな地域です。
日本海とは違い、ぶりが獲れるのは、3月から4月。
獲れない時は全く獲れない、しかし獲れかけると大変な数が獲れるのがぶり漁の特徴。
尾鷲物産では、この天然ぶりを蓄養することによって、安定供給・安定魚価でマーケットに届けます。

 尾鷲地域の熊野灘沿岸に敷設された定置網漁で獲れる天然ブリの旬は、3月から4月にかけてです。

 

 脂のりが良く比較的安価な旬の天然ブリの品質を保ち、消費者の皆様に提供出来るよう、獲れたブリの一部を定置網事業者から直接、活魚で買い付けて自社運搬船により養殖生簀にストックします。

 このストックしたブリは養殖ブリと同様、マーケットの需要に応じて加工・出荷する体制を整えていきます。

 旬の天然ブリの安定供給・魚価安定につながる事業として漁業者と協同して取組んでいます。

  • Facebook Basic Black

© 2016 by OWASEBUSSAN.Co.,Ltd.