お客様の求める養殖魚をつくる。

数量、価格、質などの「安定」を求め進化してきた養殖魚。
現在、消費者の志向に合わせ、さらなる進化をしています。
私たちも、「おいしさ」「安心・安全」はもちろん、
健康志向などのニューズに合致した魚作りなどを行っています。

 ブリ養殖事業は、尾鷲湾内4漁場の環境特性(地勢・水質・流況等)を活かした事業として、2000年に開始しました。

 大学と連携した養殖(飼育)技術の開発、飼育環境の管理等高品質ブリ養殖のために注力しています。

 天然ブリの旬は、脂質が乗る晩秋から春先にかけてですが、養殖技術の追究により成長が促進され、春先の産卵期に産卵行動を経ないことにより、夏場でも脂質が乗る若年魚の生産が可能となりました。

 その生育環境下にある四国の協力生産者により飼育されたブリを、『夏ブリ』として市場に出荷しています。

 このことにより、三重県産(尾鷲湾等)ブリは冬期を中心に、四国・九州地方で生産されたブリは夏期を中心に、各々脂質の高い美味しいブリの周年生産・供給体制が整いました。

 また、高品質で美味しい養殖ブリの開発等についても、大学・餌メーカー等と共同して取組んでいます。

 

 2016年、DHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が可食部(背+腹)100g当たり3g以上の養殖ブリ「プレミアムDHAブリ」を高知大学と共同開発に成功し、販売を開始しました。

【DHAブリ=新商品紹介欄で詳細を記述しています】

尾鷲のブリ養殖
ワクチン接種
ワクチン接種
  • Facebook Basic Black

© 2016 by OWASEBUSSAN.Co.,Ltd.